愛知県大府市の図書館、貸出数「日本一」の素敵な理由(わけ)は?

おおぶ文化交流の杜(もり)図書館(大府市)の2015年度の貸出冊数が同規模(人口6万~10万人)の全国180自治体で1位となった。

日本図書館協会の「日本の図書館統計と名簿2016」で分かった。

人口1人当たりの貸出冊数も1位となるなど、背景には使いやすい図書館を追求する様々な工夫があるようだ。

図書館は14年7月、旧中央図書館が移転新築して開館。
全国で500以上の公共図書館を運営する図書館流通センター(TRC)が指定管理者となっている。
貸し出しエリアは1フロア約2700平方メートル。
高齢者や障害者、子どもも使いやすいように書棚は低めで、車いすでも移動できるように通路は広く設定。


「子育て支援」「パソコン」などテーマ別の書棚も用意し、利用者目線を徹底した。

自動貸し出し機や、開館中も使える自動返却ポスト、予約図書のセルフ貸し出しコーナーも備え、本やCDなどはICチップで管理している。
閉館日は年末年始などを除いて、月3回から第3月曜日だけに減らし、作業の省力化とサービス向上の両立を図った。

[PR]

蔵書は約33万冊と決して多くはないが、貸出数は1日平均約3600冊。
その95%で自動貸し出し機が使われる。
約30人の職員はイベントを企画するなど、より手厚い対応が出来るようになった。
「子育て支援講座」「文章講座」などを年に数回開催。
夏の「子どもまつり」では職員が扮するヒーローショーも催す。
峯岸進館長(41)は「子どもたちが本と出会える場所にしたい」と話す。

 

15年度の来館者数は旧中央図書館の12年度に比べ、1・8倍、貸出数は2・4倍と急増。現在は市の人口約9万1千人に対し、図書利用カード登録者は約4万5千人。
蔵書も年に約2万5千冊ずつ増やしている。

 

小学1年の双子の女の子と訪れた市内の能勢沙智香さん(29)は、この図書館ができて週1回ほど利用するようになった。
「本が探しやすく、ソファで座って読める。親子で本を読む機会が増えました」。
峯岸館長は「特定のヘビーユーザーだけでなく、みんなに使ってもらえる図書館にしたい」と意気込んでいる。(豊平森)

<ここまで朝日新聞デジタル版 2017年6月15日03時00分 記事より引用>

 

日本一になったのは、貸し出しの自由化で従来貸し出し業務に人件費を投下していたコストを施設のリノベーション(キッズスペースの増設)やイベント強化費などに回せたことも原因でしょうが、周辺住民の協力があってこそ。

 

イベントの告知などを、SNSで拡散させたり、口コミで広げたりして図書館利用数を増やしているからに他ならない。

 

まさに地域活性化の“模範生”ですね?

とても素敵な取り組みだとおもいませんか?

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

園芸療法(Horticultural Therapy)
素敵にハンドメイドなにこれ?かわいいかも?
暑くなってくると美しいガラスのものをみたくなります。
夏の紫外線対策は頭皮、髪も必要ですよね?
日本初上陸!全米で1,000万本売れたメディカルコンシーラー
ココナラ ~自分の「得意なこと」売りに出しませんか?相手の「得意なこと」買いませんか?~
お子さんの「隠れた才能」があれでわかる?
DNAが修復されて若返る?528HZのサウンド
心の琴線に触れる? 1/fゆらぎ 癒しの声&歌
食べても太らないあの子の秘密って何?
まるでCGキャラのようなコスプレイヤー『小柔SeeU』が可愛すぎると話題に!
素敵なものみ~つけた!
爪が割れたらネイルができなくてマジ凹むわ
1商品100円ポッキリで、いろんな種類のサプリが試せます
自分の描いた2Dキャラを動かせる!

Menu

HOME

TOP

Translate »