『あみん』から岡村孝子そして『あみん』

「あみん」という名前は、岡村孝子さんが、さだまさしさんの大ファンで、さださんのアルバム曲中の
「パンプキンパイとシナモンティ」という曲中に出てくる喫茶店名「安眠(あみん)」から勝手にとった
とのこと。
*のちにさださんに快く了承いただいたそうです。

私が「独断と偏見で」選んだベストです。

「夢の樹」

大学生のころ、なんども口ずさんだ曲です。
岡村孝子さんがソロデビューされた時の歌かな?
『泣きたいよね、泣きたいよね、男だって女だって立ち止まるときには♪』
このフレーズが心に響きます。

 

「潮の香りの中で」

『あみん』の記念すべきファーストアルバムに入っています。
「もう2度とあなたには、あえないから、、、」

 

『Believe』 テレビドラマ「風少女」オープニング曲

 

「ひまわり」
「あみん」再結成時の曲 名古屋のコンサート久々行きました。

 

「オードシエル(天の水)」
アルバムのタイトルと同名の曲

不思議なノスタルジーを感じてしまうのは、わたしだけでしょうか?

 

わたしの住んでいる名古屋市と同じく愛知県岡崎市に生まれている岡村孝子さん
ずっと素人的な素朴さも素敵です。

 

名古屋で有名な椙山(すぎやま)女学園に通学された時のちにパートナーとなる
加藤晴子さんの背中をつついたのがはじまりとか?

大学の講義の席で、岡村孝子さんの前に偶然、加藤晴子さんが座られたのでしょうか?

「神様のご褒美」 あみん
あみんのお二人の関係性がわかり、わたしたちファンがなぜ「あみん」に惹かれるかがわかる1曲

それから、ず~っと30年以上も友情がつづいているなんて、なんと素敵なことでしょうか?

 

 

この他にも、名曲と呼べる曲目は数えきれません。

ただ、気になるのは、曲目の多くに「いつの日か」という言葉をよく使われます。
前向きな言葉とも取れますが、多少マイナスなイメージもなくはない、、、
そこも魅力かも?

、、、でも、くどいかも?(笑)

 

再結成の時に歌われた『銀色の髪の少女』も素敵でした。
*ごめんなさい原曲見つかりませんでした。

 

輝くとき ~ 岡村孝子 ~  学生時代に出会った生涯の友

 

「待つわ」アルバムバージョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「シネマグラフ」って素敵!
100円で試せるサプリメント&無料モニター
幻想的!宮澤賢治ワールド
お菓子作り体験 マシュマロフォンダント
石原さとみさんの魅力ってナニ?
これって便利!炭酸水が簡単につくれるウォーターサーバー
ダイソン ピュア ホット アンド クール の素敵な機能
爪が割れたらネイルができなくてマジ凹むわ
手作り作品を販売する?購入する?パート2
頭皮のかゆみにどう?オーガニックシャンプー&トリートメント
あみんGif
これ素敵かも?「育てるタオル」?
大人も癒されるアプリを紹介「やさしくタッチ!めだかヌダカ」
この夏宮沢賢治の世界に浸ってみませんか?
まるでCGキャラのようなコスプレイヤー『小柔SeeU』が可愛すぎると話題に!

Menu

HOME

TOP

Translate »