便秘は女性にとって一番厄介な”お荷物”です。

トラブル肌や過敏肌、そしてアトピーなどのトラブル肌には、まずは、
”腸内環境の改善”から始めましょう。

◆腸内環境を良くする方法とは?

(1) 腸を良くする食事 (繊維質を多く含む食べ物、発酵食品など) を 摂ること。

 

<小腸には、乳酸菌>

<そして大腸には、ビフィズス菌>

(2) 油・脂肪を変える食事 (酸化しやすいサラダ油、パーム油を やめ、ごま油、キャノーラ油、
オリーブ油に切り替える。)

アトピーと油

 

そのサラダ油が脳と体を壊してる (百年賢脳・健康法)

新品価格 ¥1,188から (2014/8/23 21:49時点)

 (3) ビタミン・ミネラルが豊富な食事 (旬の野菜、魚介類、雑穀)

基本は、体を錆びさせないこと。

これにつきます。 そうです!

この3つでお肌の負担も減るので、『美肌効果』も高まります。

もちろん細かいところでは、 牛乳を控える、マーガリンをやめる、水道水を飲ま ないなどたくさんあります。

ただ、 食事改善の3ポイントを徹底すれば、お肌を錆びさせない ことが出来るのです。

★免疫バランス(Th1/Th2) ⇒ 腸の善玉菌、油の取り方、ビタミン・ミネラル 摂取で改善します!

★過酸化脂質 ⇒ 油の取り方、ビタミン・ミネラル摂取で改善します!

★ホルモンバランス ⇒ 腸の善玉菌、油の取り方、ビタミン ・ミネラル摂取 で改善します!

★副腎ホルモン不足 ⇒ 腸の善玉菌、ビタミン・ミネラル摂取で改善します!

★自律神経バランス ⇒ 腸の善玉菌、ビタミン・ミネラル摂取で改善します!

腸内の働きを良くし、便秘を改善することであなたも『腸内美人の仲間入り』 ですね!

 

<小腸には、乳酸菌>

<そして大腸には、ビフィズス菌>

便秘は女性にとって、一番厄介な”お荷物”です。

元々便秘になるということは、女性ホルモンが関係していて ”女性”であるのでしたら、誰でも”便秘”になりやすいもの、、、。

この女性ホルモンは、腸内でぜん動運動を起こさせないように 働くといわれていて、これがもとで、基礎代謝も低くなります。

基礎代謝が低くなることが、『冷え性』や『低体温』の原因とも 考えられます。

なので腸内の働きを良くし、便秘を改善することが『低体温改善』 にもつながるんです。

腸の環境悪化(善玉菌の減少)などで免疫が過剰反応する状態が  つくられているのってご存知ですか?。 

【原因1】⇒便秘、アルコール依存、コーヒーなどの嗜好品の過剰摂取      

circle.gif 腸内環境を改善することは、健康的な生活を送る上でも極めて  重要だといえます。

【原因2】⇒油・脂質の偏りで、局所ホルモンがかたよっている  ⇒免疫の暴走・炎症が止められない(過敏反応、アレルギーの発症)       

circle.gif 前頁のアレルギー発症リスクのないまたは抑える油に切り替えましょう。

【原因3】⇒酵素・ビタミン・ミネラル などの不足、腸の善玉菌の減少などで  副腎皮質 ホルモン が不足状態に、、。   ⇒免疫反応の暴走が止められない(過敏反応、アレルギーの発症)

【原因4】

⇒酵素・ビタミン・ミネラル などの不足で 代謝力が落ちている。

⇒皮膚、鼻・気道の粘膜細胞の再生が出来ない。

⇒ハウスダスト(ダニの死骸やホコリ、動物の毛など)、花粉の侵入。

【原因5】⇒栄養の偏りで、アレルギー反応で放出される活性酸素を分解できない。
⇒かゆみ、湿疹、発作、涙 などの症状が止められない。
⇒食生活の見直し。 パン食から米飯食中心の食事に切り替える。

 

<潤性蘇菌(乳酸菌生産物質)はこんなにすごい!

美魔女の女性は、基礎代謝が高くて腸美人なのです。

 

●マメ知識:「低体温症」について 
 現代人の生活習慣、寝不足や、運動不足、そして加齢などの 要因で筋肉量が減ったり、血流が悪くなることで、「基礎代謝」 が低下しますが、これがもとで、とても不健康な状態=低体温 になることを言います。  
実は、これってとても恐ろしいことなんです。 一般的に人の正常な体温(平熱時)は、36.5℃~37.1℃と いわれています。 エッ?そんなに高いの?
[PR]
健康な体の体温は、体の免疫力を維持するためにそれに適した温度で 健康な体を維持しているのです。
風邪やウイルス性疾患で高熱を出すのは、自己体温を高くする ことで、白血球やNK細胞を活性化する一緒の身体の防御反応 なので、むしろ、解熱剤を使うのは、よくありません。
ただ、長い時間体温が高い場合は、脳にダメージが残るので、 そこのところは気を付けなくてはいけません。
逆に『低体温』の場合は、血流が悪い状態なので、血液の中に 存在する白血球が体内に異物を発見して も素早く対応ができず、 ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなります。
50年前の日本人と比べての体温の平均は0.7℃下がっている そうですが、その大きな要因は現代社会のライフスタイルによる ものでしょう。
基礎代謝が下がると、カロリーが消費されにくくり、内臓脂肪が たまり、この内臓脂肪組織(俗にいう肥満細胞)から悪玉ホルモン が分泌され、この悪玉ホルモンが血管に炎症をもたらすことにより 血栓を作りやすくしたり、インスリンの働きを弱めてしまうことにより 、大腸がんや高血圧、そして糖尿病の元凶となることがすでに解明 されています。    
また、加齢とともに基礎代謝は落ちていきますから、筋肉量を増や すことはあらゆる病気対策に必要なんです。
また、現代では汗をかきにくい環境例えば、エアコンを使うことでの 脳の視床下部にある体温中枢を刺激する機会が失われると、体温 を調整するための発汗中枢が作動しなくなり、『低体温』になります。
また、人間関係や経済面の問題、家族問題など、生きていく上で生 じるストレスも50年前に比べてより複雑化しています。
ストレスによって分泌するホルモンは、筋肉を分解することによって ストレスを緩和するために、ストレスが強いと筋肉をやせさせてしまい 、その結果、『低体温』を招くということもあります。
何といっても筋肉量の低下が低体温の最大の原因です から、日頃から適度なスポーツ、規則正しい生活、正しい 食生活で病気に負けない健康作りに励みましょう。
●過度のストレスによる血行不良・自律神経の乱れを起こす。
 
最近では、過度のストレスがかかることで血行不良が起こること があり、これも低体温の原因としてあげられます。
 
●自律神経の乱れ ホルモンバランスが乱れることで、自律神経が乱れてしまい、 体温をコントロールすることができなくなり、低体温になる こともあります。 特に女性は妊娠・出産、更年期、過度のストレスなどによって、 ホルモンバランスが崩れることがあるので、気をつけてください。
   

 

 q04.gif a04.gif 当局では、個人的な相談も承っております。
まずは、簡単に下記のコメント欄に記載をお願いいたします。
尚、より秘匿性の高い質問につきましては、特定のアドレスにてお申込みください。
*メールアドレスにつきましては、必要と判断した時毎に提示させていただきます。
[PR]

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

赤ら顔治療はレーザーで?それともご家庭で簡単に自己ケア?
整形せずに目元美人になる方法
まだ間に合う!私史上最高のバラ色肌
こんなに暑いと肌のダメージにも気を付けないと、、。
食事制限も運動もしないで痩せるって本当ですか?
≪特許取得済≫世界初の低分子燃焼ポリフェノールで痩せ体質に!
<動画あり>ニキビ跡あきらめちゃった?内と外から攻めればいいのに!?
コーセー米肌(MAIHADA)と比較。日本人女性には米発酵エキスの化粧品がマッチします。
認知症は薬で治ると思っていませんか?現時点で治療薬はありません。
牛乳大好きだけど、、、。
40代あの美魔女芸能人もハマっている炭酸美肌術って何?
食べても太らないあの子の秘密って何?
河川や海を浄化する環境に優しい意外な?取り組み
初回100円!7daysスムージーのココが凄い!
歯磨きタイムに歯磨き粉不要?どうして?

Menu

HOME

TOP