DSC04126.jpg

POs-Ca (ポスカ)ってどんなガム?

歯にいいガムって聞けば、キシリトールが思い浮かぶ人が多いと思います。
キシリトールは砂糖の代替甘味料として1997年代ごろから使われ始め、
歯にいいガムとしてキシリトール入りシュガーレスガムが各社から販売されました。
今となってはキシリトールじゃないガムのほうが少ないくらいじゃないでしょうか。

代替甘味料としてキシリトールを用いたガムを第一世代とすると、脱灰(酸によってカルシウムが失われた)した歯の再石灰化を促進する成分を配合したガムが第二世代となります。
こちらも各社からガムが販売されていますが、代表的なところとしてリカルデントが有名なところでしょうか?

そして第三世代のガムとして、虫歯予防に留まらず初期の虫歯を修復する機能をもつガムが販売されるようになりました。

今のところ第三世代のガムは POs-Ca(ポスカ)だけです。
さらに、歯に良い成分として、ポスカにフッ素を配合した歯科医専用のガムがあります。

<歯科医専用のPOs-Ca F>

今のところ歯に良いとされるガムとしては国内最強かも。

成分的には、まぁいろいろ入ってます。
わたしの嫌いなアスパルテーム、アセスルファムKもしっかり?
入っています。

ココは、マイナスポイントですね?

POs-Ca(ポスカ)

再結晶化の鍵となるリン酸化オリゴ糖カルシウムは物質特許を取得。