だれも知らない小さな国 

ここ雨がしとしと、こんな日は、、、 ちょいとへこみます。

そんな時は、本でも読んで、ぐうたらするのもいいかも!? (テヘぺロ!?)

昔々幼いころに、小児ぜんそくの発作で学校を休んでいた時に読んだ本です。

こぼし様の伝説、、、その山には、小さな人が住んでいる、、、

中学生の頃に読んだ、佐藤さとるさんのコロボックルの物語、、、。

カエルと傘

雨の日のお出かけには、アマガエルの雨合羽、、、。

だれも知らない小さな国

新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (新イラスト版コロボックル物語) [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:38時点)
感想(1件)

新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:39時点)
感想(0件)

新イラスト版 コロボックル物語3 星からおちた小さな人 [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:40時点)
感想(0件)

時にはこんなシチュエーションも、、、

カエルの歌の練習

 

しがみつくアマガエル
~あらすじ~
夏休みのある日、トリモチにするためのもちの木を探しに出かけた小学三年生の ぼく は、 地元の人が近づかない小山に、もちの木が門柱のように立ち、小さな泉からは小川が流 れ出し、蕗の葉が生い茂る三角形の平地を見つけ、その後何度も通うようになる。そこで 出会った知り合いの蕗採りのおばあさんから、昔からこの山にはこぼしさまという小人が 住んでいるという言い伝えを聞く。 次の年の夏休み、ぼくは三角平地の小川で、偶然出会った小さな女の子が流してしまった 赤い運動靴を探してやり、拾い上げようとして手を伸ばした。すると、その靴の中には、、、

雨の日は、こんな世界の物語を読むのに良いのかもしれません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

日本人女性の肌に合った化粧品ってなに?米肌(MAIHADA)ってどうなの?
当局おススメのマザーズリュック
人生を鼓舞する素敵な名言集めてみました。
こころを揺さぶらずにはおかない話
外国人にも人気!伝統工芸を身近に感じる
食事制限も運動もしないで痩せるって本当ですか?
アトピー疾患と大腸の意外な?関係
POLAの最高峰美容液30代~40代におすすめの高級美容液とは?
POLAの新商品 V リゾネイティッククリームの評判は?
継続して摂りたい「モリンガ」ってなに?
満天の星空の中にあなたの知っている人の名前の星があるとしたら、、
手作り作品を販売する?購入する?パート1
暑いので、透明感のあるもの見て涼みましょう
平凡・陳淑芬(ピンファン・チェンシュウフェン)により描かれた美人画が素敵
藤城清治さんの影絵が好き

Menu

HOME

TOP