だれも知らない小さな国 

ここ雨がしとしと、こんな日は、、、 ちょいとへこみます。

そんな時は、本でも読んで、ぐうたらするのもいいかも!? (テヘぺロ!?)

昔々幼いころに、小児ぜんそくの発作で学校を休んでいた時に読んだ本です。

こぼし様の伝説、、、その山には、小さな人が住んでいる、、、

中学生の頃に読んだ、佐藤さとるさんのコロボックルの物語、、、。

カエルと傘

雨の日のお出かけには、アマガエルの雨合羽、、、。

だれも知らない小さな国

新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (新イラスト版コロボックル物語) [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:38時点)
感想(1件)

新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:39時点)
感想(0件)

新イラスト版 コロボックル物語3 星からおちた小さな人 [ 佐藤さとる ]

価格:1,512円
(2017/6/3 22:40時点)
感想(0件)

時にはこんなシチュエーションも、、、

カエルの歌の練習

 

しがみつくアマガエル
~あらすじ~
夏休みのある日、トリモチにするためのもちの木を探しに出かけた小学三年生の ぼく は、 地元の人が近づかない小山に、もちの木が門柱のように立ち、小さな泉からは小川が流 れ出し、蕗の葉が生い茂る三角形の平地を見つけ、その後何度も通うようになる。そこで 出会った知り合いの蕗採りのおばあさんから、昔からこの山にはこぼしさまという小人が 住んでいるという言い伝えを聞く。 次の年の夏休み、ぼくは三角平地の小川で、偶然出会った小さな女の子が流してしまった 赤い運動靴を探してやり、拾い上げようとして手を伸ばした。すると、その靴の中には、、、

雨の日は、こんな世界の物語を読むのに良いのかもしれません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

自分の物語を文字にすることは、自分自身を見つめること
マネしたい自然派メイク
幼少期の絵本の大切さ
あ~あフィンランドに行きたいなあ!?
心がくじけそうな時、どうしています?
菜々緒さんのような美脚になりた~い!!
雨の日の楽しみ方
この夏のトレンド水着が選び放題!
ローラの発言がとても素敵
<緊急告知>SIMIUS ホワイトニングジェルの評判が素敵!
斑点があるバナナの健康効果が素敵
SNSで話題沸騰!眉毛スタンプ
三国志~趙雲伝~が面白い!
素敵なこと、素敵なもの、素敵な情報そして素敵な出会いを探しています
青い花のお茶って知ってますか?

Menu

HOME

TOP

Translate »