便秘は女性にとって一番厄介な”お荷物”です。

トラブル肌や過敏肌、そしてアトピーなどの
トラブル肌には、まずは、”腸内環境の改善”
から始めましょう。

◆腸内環境を良くする方法とは?

(1) 腸を良くする食事 (繊維質を多く
含む食べ物、発酵食品など) を 摂ること。

 

<小腸には、乳酸菌>

 

<そして大腸には、ビフィズス菌>

(2) 油・脂肪を変える食事 (酸化しやすいサラダ油
、パーム油を やめ、ごま油、キャノーラ油、オリーブ油に
切り替える。)

アトピーと油

(3) ビタミン・ミネラルが豊富な食事 (旬の野菜、

魚介類、雑穀)

基本は、体を錆びさせないこと。

これにつきます。 そうです!

この3つでお肌の負担も減るので、『美肌効果』も
高まります。

もちろん細かいところでは、 牛乳を控える、マー
ガリンをやめる、水道水を飲ま ないなどたくさん
あります。

ただ、 食事改善の3ポイントを徹底すれば、お肌
を錆びさせない ことが出来るのです。

★免疫バランス(Th1/Th2) ⇒ 腸の善玉菌、
油の取り方、ビタミン・ミネラル 摂取で改善し
ます!

 

★過酸化脂質 ⇒ 油の取り方、ビタミン・
ミネラル摂取で改善します!

★ホルモンバランス ⇒ 腸の善玉菌、油の取り
方、ビタミン ・ミネラル摂取 で改善します!

★副腎ホルモン不足 ⇒ 腸の善玉菌、ビタミン
・ミネラル摂取で改善します!

★自律神経バランス ⇒ 腸の善玉菌、ビタミン
・ミネラル摂取で改善します!

腸内の働きを良くし、便秘を改善することであなたも『腸内
美人の仲間入り』 ですね!

<そして大腸には、ビフィズス菌>

◆便秘は女性にとって、一番厄介な”お荷物”です。

元々便秘になるということは、女性ホルモンが
関係していて ”女性”であるのでしたら、誰でも
”便秘”になりやすいもの、、、。

この女性ホルモンは、腸内でぜん動運動を起こ
させないように 働くといわれていて、これが
もとで、基礎代謝も低くなります。



基礎代謝が低くなることが、『冷え性』や
『低体温』の原因
とも 考えられます。

なので腸内の働きを良くし、便秘を改善すること
が『低体温改善』 にもつながるんです。

腸の環境悪化(善玉菌の減少)などで免疫が
過剰反応する状態が  つくられているのって
ご存知ですか?。 

【原因1】⇒便秘、アルコール依存、コーヒー
などの嗜好品の過剰摂取      

circle.gif 腸内環境を改善することは、健康的な生活を
送る上でも極めて  重要だといえます。

【原因2】⇒油・脂質の偏りで、局所ホルモン
がかたよっている  ⇒免疫の暴走・炎症が止め
られない(過敏反応、アレルギーの発症)       

circle.gif 前頁のアレルギー発症リスクのないまたは
抑える油に切り替えましょう。

【原因3】⇒酵素・ビタミン・ミネラル などの
不足、腸の善玉菌の減少などで  副腎皮質 ホルモン
が不足状態に、、。   ⇒免疫反応の暴走が止められ
ない(過敏反応、アレルギーの発症)

【原因4】

⇒酵素・ビタミン・ミネラル などの不足で
代謝力が落ちている。

⇒皮膚、鼻・気道の粘膜細胞の再生が出来ない。

⇒ハウスダスト(ダニの死骸やホコリ、動物
の毛など)、花粉の侵入。

【原因5】⇒栄養の偏りで、アレルギー反応で
放出される活性酸素を分解できない。

⇒かゆみ、湿疹、発作、涙 などの症状が
止められない。

⇒食生活の見直し。
パン食から米飯食中心の食事に切り替える。

<潤性蘇菌(乳酸菌生産物質)はこんなに
すごい!

美魔女の女性は、基礎代謝が高くて腸美人
なのです。

 

●マメ知識:「低体温症」について 
 現代人の生活習慣、寝不足や、運動不足、
そして加齢などの 要因で筋肉量が減ったり、
血流が悪くなることで、「基礎代謝」 が低下
しますが、これがもとで、とても不健康
な状態=低体温 になることを言います。  
実は、これってとても恐ろしいことなんです。
一般的に人の正常な体温(平熱時)は、
36.5℃~37.1℃と いわれています。
エッ?そんなに高いの?


<レスベラトロールの3倍の効能!>

体温は、体の免疫力を維持するため
にそれに適した温度で 健康な体を維持している
のです。
風邪やウイルス性疾患で高熱を出すのは、自己
体温を高くする ことで、白血球やNK細胞を
活性化する一緒の身体の防御反応 なので、むしろ
、解熱剤を使うのは、よくありません。
ただ、長い時間体温が高い場合は、脳にダメージ
が残るので、 そこのところは気を付けなくては
いけません。
逆に『低体温』の場合は、血流が悪い状態なので、
血液の中に 存在する白血球が体内に異物を発見
して も素早く対応ができず、 ウイルスや細菌に
負けて発病しやすくなります。
50年前の日本人と比べての体温の平均は0.7℃
下がっている そうですが、その大きな要因は
現代社会のライフスタイルによる ものでしょう。
基礎代謝が下がると、カロリーが消費されにく
くなり、内臓脂肪が たまり、この内臓脂肪組織
(俗にいう肥満細胞)から悪玉ホルモン が分泌
され、この悪玉ホルモンが血管に炎症をもたらす
ことにより 血栓を作りやすくしたり、インスリン
の働きを弱めてしまうことにより 、大腸がんや
高血圧、そして糖尿病の元凶となることがすで
に解明 されています。    
また、加齢とともに基礎代謝は落ちていきます
から、筋肉量を増や すことはあらゆる病気対策
に必要なんです。
また、現代では汗をかきにくい環境例えば、
エアコンを使うことでの 脳の視床下部にある
体温中枢を刺激する機会が失われると、体温
を調整するための発汗中枢が作動しなくなり、
『低体温』になります。
スポンサードリンク

また、人間関係や経済面の問題、家族問題など、
生きていく上で生 じるストレスも50年前に比べ
てより複雑化しています。
ストレスによって分泌するホルモンは、筋肉を
分解することによって ストレスを緩和するため
に、ストレスが強いと筋肉をやせさせてしまい
、その結果、『低体温』を招くということも
あります。
何といっても筋肉量の低下が低体温の最大の
原因です から、日頃から適度なスポーツ、規則
正しい生活、正しい 食生活で病気に負けない
健康作りに励みましょう。
●過度のストレスによる血行不良・自律神経の
乱れを起こす。
 
最近では、過度のストレスがかかることで血行
不良が起こること があり、これも低体温の原因
としてあげられます。
 
●自律神経の乱れ ホルモンバランスが乱れること
で、自律神経が乱れてしまい、 体温をコントロ
ールすることができなくなり、低体温になる こと
もあります。
特に女性は妊娠・出産、更年期、過度のストレス
などによって、 ホルモンバランスが崩れることが
あるので、気をつけてください。
女性の年齢悩みサポートサプリ    

 

 質問.gif& 答え.gif 当局では、個人的な相談も
承っております。
まずは、簡単に下記のコメント欄に記載
をお願いいたします。
尚、より秘匿性の高い質問につきましては
、特定のアドレスにてお申込みください。
*メールアドレスにつきましては、必要と
判断した時毎に提示させていただきます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

最近のアレルギー性鼻炎(蓄膿症)は市販薬でも改善します。
激安!業務スーパーのトマトジュース缶が安すぎる!
いまさらコラーゲン?この記事を読むと意識が変わりますよ!
どくだみの健康効果はやっぱりやばい!でも、、、
健康診断で、動脈硬化の数値が高いと診断された!
地方自治体の取り組み~健康診断~
パーフェクトワンより肌に合ったオールインワンってなにがおすすめ?
【ピーリング機器】エステの毛穴洗浄が自宅で気軽にできる!
世界が認めた育毛メカニズム「最優秀賞」受賞の育毛剤とは?
塗って寝て、、、起きたら『二重瞼』になってたんだけどナニか!?
歯茎を傷めてしまったら、すぐになんとかしないと大変なことに、、、。
歯茎に膿が、、、でも奥チャマ的には嬉しいんだと!
汚れを落としつつ、保湿もキープ!
今ひそかに流行中!眉毛専用の美容液
その脇肉「おっぱい」にしませんか?

Menu

HOME

TOP