乳児湿疹、新生児ざ瘡(ニキビ)、乳児脂漏性湿疹はどうやって治すんですか?

赤ちゃんの肌はとてもデリケート!

皮ふの厚さも抵抗力も免疫力も大人と比べ
れば、、、。

多くのお母さんが赤ちゃんの”目も当てられ
ない位にひどい外観の「荒れた皮膚」を見て
慌てふためいたり、びっくりしたり、涙を浮
かべています。

おむつかぶれ、あせもから乳児湿疹、新生
児ざ瘡(ニキビ)、乳児脂漏性湿疹、蕁麻疹
(じんましん)、水いぼ(=伝染性軟属
腫)、アトピー性皮膚炎、とびひ、伝染性
膿痂疹(でんせんせいのうかしん)、カン
ジダ性皮膚炎、そして手足口病、リンゴ
病etc、、、

●おむつかぶれ:参考画像へ

●あせも:参考記事へ「あせも」に注意、、、

●乳児湿疹:参考記事で詳細がわかります。

赤ちゃんにできやすい乳児湿疹の原因と
症状は?ケアの方法と薬の使い方
【症例写真つきで専門医が解説】


<電子書籍版なら100円ですよ!>

●新生児ざ瘡(ニキビ):

●乳児脂漏性湿疹:

●蕁麻疹(じんましん):

●水いぼ(=伝染性軟属腫):

アトピー性皮膚炎:

●食物アレルギーが関与している?:コチラ

●遺伝的要因(親が喘息やアレルギー性の
病気にかかったことがある?:コチラ

●とびひ:

●伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん):

●カンジダ性皮膚炎:

●手足口病:

●リンゴ病:

皮膚科で診てもらうと、症状に応じて、ステ
ロイド剤や内服薬などが処方されますが、
ドラッグストアで、「これでいいかな?」っ
て『自己判断で』薬を買い求めるのは、
やめたほうがいいですよ。

ウイルス性の皮膚炎ならせっかく買った
軟膏とかが効かずに症状を悪化させて
しまう事もありますから、まずは皮膚科
専門医に診てもらいましょう。

お母さんがすることは、アレルギーの元と
なるアレルゲンを遠ざける(ダニが大量
発生しないようにこまめに掃除する)とか
皮ふを常に清潔にするといったことに重
きを置くべきです。

だったら、おしっこや便で汚れた部分を
ベビー石鹸で洗って、あとはベビーオイル
で皮膚を保護すればいいの?と思われる
かも知れませんが、いったん湿疹やかぶ
れなどの症状が現れたら、それだけでは、
不十分です。

とにかくこれ以上悪化しないように皮ふの
バリア機能を回復させなければ、いけませ
ん。

では、当局でもお勧めしている「ワセリン」
の中でも純度の高い「プロぺト」は?

「プロペト」はこの「白色ワセリン」を更に
精製して不純物を取り除いたものです。
なので、プロぺトでも価格は安いですから
選ぶならプロぺトを選ぶべきです。

<デリケートな赤ちゃん用に作られた
ベビーワセリン>

ベビーワセリン(60g)[アトピー性皮膚炎 ベビー用品]

価格:493円
(2017/10/3 14:39時点)
感想(44件)

 見てお分かりのように赤ちゃん用もあるし、
アトピーにも効果があるようです。

安全性は高く、副作用もほとんどありません。

ワセリンは、調べてみると石油の成分の一つ
です、”なんら問題ない”ようです。
ただ、難点は、均一に塗るのが難しい事と、
かゆみなどを押さえる成分が入っていない
ことでしょうか?

関連記事:1美容効果絶大!プチプラなのに万能なワセリンの使い方10選
引用:女性の美学

関連記事2:顔に塗っても大丈夫?白色ワセリンを使用した美容法とその効果
引用先:美BEAUTE

ワセリンは、この2つの記事を見ても様々な用
途で使われるもので、肌だけでなく顔に塗っ
ても大丈夫かな?
って思ったのですが、均一に塗れないので、
化粧下地には不向きかと思います。

ただ、ワセリンは、「オロナインH軟膏」「ニ
ベア」と同じくらいの『プチプラ』で薬局で
簡単に手に入りますので、コスパ的には
良いと思います。

 

ただ、コチラのサイトでもあるように、『ワ
セリンを上手に使いこなすコツは、少量
を薄く塗ること。

保湿効果を求めて”重ね塗り”すると、かえ
って皮膚を乾燥させます。』

関連記事:ワセリンの使い方ガイド

 

いかがでしょうか?

コレだけ多くの用途がある「ワセリン」使わ
ない手はないですね?

<ワセリンは、赤ちゃんにも安心して使えます。>

ただし、某テレビ番組でタレントの鈴木奈々
さんが「ワセリン塗って乳首の色が2トーン
明るくなった―!
お股にも尻(けつ)にも良いよ~」などと言
ってたらしいですが、そんな効果ははっき
り言いますが本人はともかく、ワセリンには
、そんな効果は期待出来ません。

脇道に逸れてしまいました。

ワセリンの弱点として「塗り過ぎると⇒かえっ
て乾燥肌を招く」ので、これからの季節、
寒暖差が激しく、湿度の低い時期は、別途
乾燥肌用の商品を検討されるべきです。

それに皮膚保護には定評のある「ワセリン」
にも入っていないものがあります。

それは、薬用成分。

 

例えば、アトピー性皮膚炎を治す為に使い
副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤などの治
癒効果のある成分です。

わたしもアトピー体質なので、市販のステ
ロイド剤をかかと~膝にかけて塗っていた
ことがあります。
(副作用はありませんでした。)

私なら様々な観点からコチラをおすすめ
します。

実はこれも薬用成分は入っていません。

肌を保護して皮膚の自己免疫を助けて治し
ます。

だから、誤って口に入れても安全です。

ファムズベビー

これ!本当におススメなんですよ~!

赤ちゃん~お子さん、お母さんまで全身使
えます!

よだれかぶれやおむつかぶれにもどうぞ!!

これからはこれ1本で 全身ビフォアケア

 

◆お子様のかきむしり肌を改善します。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

乾癬は感染するという誤解を払しょくしたい!
目の下のクマに悩んでませんか?
顔の整体・骨格矯正の全貌公開終了しました。
ブラックな男女の掛け合いが素敵なコンビ芸人さん
発酵の力で美肌になれる?
日本人女性の肌に合った化粧品ってなに?米肌(MAIHADA)ってどうなの?
世界中で話題の飲む日焼け止め
牛乳大好きだけど、、、。
資産を減らさない50の習慣
自分の物語を文字にすることは、自分自身を見つめること
頭皮のかゆみにどう?オーガニックシャンプー&トリートメント
食事制限も運動もしないで痩せるって本当ですか?
視力回復トレーニング
黒(こげ茶)乳首をピンク色にする方法
韓国コスメの通販サイトの紹介

Menu

HOME

TOP