”老い”は避けられない?でも老化はあなた次第で遅らせることは可能です。

”老い”は避けられない?

あと何年かすれば、「超高齢化」社会に突入しますよね?

仕事柄、『認知症』の人たちを眺めていると、いかに「健康でいられるのか」が
大切なのかを痛感させられます。

家族のため、社会のため、そしてほかならぬ「自分自身」のためにも100才に
なっても「糖尿病」や「脳梗塞」「認知症」にならないように日頃から生活習慣を
極力正しく維持していくように心がけたいものですよね?

でも、、、

 

 

 

 

 

~高齢者人口は3186万人で過去最多 総人口に占める割合は25.0%で過去最高
となり、 4人に1人が高齢者~  という実状

最近『健康寿命』とか『体内年齢』の話がテレビなどでも報じられていますし、
いつまでも何歳になっても「若々しくありたい。」実年齢より「若く見られたい。」

と考えるのも無理はないと思います。
 

「アンチエイジング」それは女性にとって 『究極のテーマ』かもしれません。

 
ただ、最近では実年齢が全然わからない人たちが とても多くいらっしゃる
のも事実、、ですよね!?
 
そんな方はいったいどのようにして「若さ」を保っていらっしゃる のでしょうか?
その『秘密』を探りました。
ハッピーな生活イラスト
 

<永遠の若さの源泉=からだの細胞が活き活きして いる状態>

つまり、体のありとあらゆるところを錆びさせないこと が大切なんです。
 
そうです。「若々しさ」の秘密は、体を錆びさせない、焦がさない努力を
普段から意識して実行しているからでしょう。
 

『第1回国民的美魔女コンテスト』グランプリ 草間淑江 44歳 美魔女 Beauty days

中古価格 ¥310から (2014/8/23 23:24時点)

 

この”錆び(さび)るということ”はどういうことを指すのでしょう?

簡単に言えば、酸素と結合すること=酸化のことです。

人体では、様々な理由で体内もしくは体外の活性酸素が体のあちこちの細胞を傷つ
けること
を云います。

『活性水素水』は、体内の『活性酸素』を水素と反応させることで、『無毒化』します。

つまり、傷ついて弱った細胞を活き活きとリフレッシュさせるので、毎日 取り入れること
が、いつまでも若々しい身体を保つためにも欠かせません。

活性酸素の代表としては、「喫煙」が挙げられます。

ヘビースモーカーの人は、長年の喫煙による活性酸素により様々な体内の細胞が 傷つ
けられ見た目もいったい何歳なの?というくらい”老い”てますよね!?

シミ、しわ、そして血色のわるさ、その人の生き方なので、何かしら言うことはありませんが、
いつまでも若々しい 素肌と健康を考えていらっしゃる方は、この後の記事もお読みください。

実は、、、、 最近”老い”の原因が突き止められました。 

その原因とは”糖化”といいます。

*『若々しさ』を目指していらっしゃる方には朗報です!!

ちょっと専門的な話をしますが、この”糖化”を防ぐ簡単な方法もレクチャーしますので、
もう少し記事をお読みください。

[PR]

「糖化」を防げば、あなたは一生老化しない

中古価格 ¥340から (2014/8/24 22:13時点)

”糖化”とは、体内で、糖とタンパク質が酸化してできたいわゆる“終末糖化産物
(AdvancedGlycation End-products)”(略称:「AGE」)のこと。

この”糖化”は いわゆる“細胞や器官のあちこちがこんがりと焦げてしまった”状態
のことを言います。

焦げているところを元に戻すのは非常に困難で、新しいAGEが発生すると元から
ある AEGの上に新しいAGEがどんどん蓄積されてしまいます。

そのため、細胞の老化が進んでしまうというわけです。

糖化対策サプリメント 抗糖花【KOUTOUKA】(60球ボトル)

新品価格 ¥8,640から (2014/8/24 22:18時点)

老化を引き起こす「AGE:終末糖化産物」たんぱく質と糖が体内で加熱されて
は体内に過剰に増えると実に様々な病気を引き起こすと 云われています。

 

「AGE」には実は2通りの「仕組み」で体内に蓄積されます。

<外から取り込まれるAGE> <体内でつくられるAGE>

<AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞>

<AGE蓄積により発症リスクが高まる症状と病気>
メタボリック・シンドローム、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病、

 

実はこの『AGE』は強い毒性を持ち、”老化を促進”させることが明らかに なってき
ました。

”糖尿病”や”メタボ”はAGEの症状の最たるものです。

体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEは、まずは体内に溜め
こまない生活習慣を送ることである程度の防止ができます。

AGE(Advanced Glycation End Products)「タンパク質と糖が加熱されて出来た
物質」は強い毒性 があり、体のあちこちで蓄積され、これが老化につながることは最近
よく話題になります。

女性の方だとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミシワなどかもしれませんが、
実はそれだけ ではありません。

AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積
すると白内障 の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしてい
ると考えられます。

実は、この最たるものが”糖尿病”や”メタボリック・シンドローム”です。

これらの疾病は、一度なってしまうと元に戻すことは非常に困難と言わざるを 得ません。

よく”糖尿病”患者は、病気になってから医師のアドバイスを聞いて薬を服用したり、
インスリン注射を 打ったりしていますが、病気になってしまった方はもっと自分の生活習慣
を改めなくてはいけない
”自覚”を持つべきです。

本来は、毎日の生活習慣が”怠惰”でインスタントの食事ばかりしていたりとか、”だらけた
食生活”や、 ”深夜までスマフォでゲーム”とかしていたりする、 ”生活リズムの乱れ”が
引き起こす病気
ともいえる でしょう。

”糖尿病”や”メタボリック・シンドローム”を軽く考えてはいけません。

生活習慣を改めずこのまま不規則で怠惰な生活をしていると、数年後には”命の 危険”
もあることを考えてください。

ほかならぬ自分の事なのですから、、、。 

  活動的な毎日

生活習慣で、遺伝的要素も防ぐことは出来ます。

正しい食習慣、正しい生活習慣をしていれば、親や親戚、兄弟が俗にいう”
糖尿病家系”であって も自分が糖尿病になることは防ぐことができるはずです。

*実は私の家系は父も母も兄も妹も糖尿病です。
ですが、私はそうではありません。

これが何を意味するのか、ご理解いただければ幸いです。

 

<美容に関わるAGEの問題点>

肌のハリややわらかさを保っているのはコラーゲンなどのタンパク質です。

このコラーゲン同士が絡み合い”ハリ”が生まれているわけですが、残念な ことに
コラーゲンは加齢 により、体内で合成する量が格段に低くなります。

また、長い歳月をかけてじわじわと体温で加熱されていくので、AGE化(糖化)が
進み、太陽の紫外 線も影響し、コラーゲ ンが変質すると弾力性を失いシワやたるみ
が出てきてしまいます。

またAGEは褐色のため、AGE化(糖化)が進むと、シワやたるみだけでなく、シミ
くすみも発生して しまうのです。

<”糖化”はなってしまってからでは手遅れ!ならない予防が大切です>

いったん、”糖化”してしまうと”錆びついた状態になってしまった”ので、これ
をもとに戻すのは、 至難の業です。

”高濃度の活性水素水”を毎日飲用することで、細胞を傷つけ老化させる活性酸素
を”無毒化”させる ことも有効とされていますが、やはりなってしまってから慌てるより、
いつもの養生が大切、、。

いずれにしても”からだに入ったもので、からだは作られる”ので、品質の良い食事を
摂ることを心がけるに越したことはありません。

そして、もう一つとっておきの話、、、 。 それは、食事の食べる順番です。

m-title (6)  野菜、肉、魚、ご飯やパンの順に食べる 食物繊維を多く含む野菜やきのこ、
海藻類を最初に食べることで糖質の吸収 を抑えることができます。

ご飯やパンなどの炭水化物は後に回して、サラダや酢の物などから食べるように
しましょう。
食事は単品メニューではなく、主菜に副菜がつく定食スタイルがお勧めです。

実はこの方法数か月前に中井君のTV番組”金スマ”で紹介されていませんでしたか?

そしてもう一つ、、、、。

m-title (6) 甘い物が食べたい時は食後に 砂糖や果糖は体内に吸収されやすく、血糖値を
異常に上昇させ、AGEを作り出します。

甘いものをどうしても食べたいときは、間食ではなく、食後のデザートとして食べるよう
にしましょう。

m-title (6) 良く噛み、会話などを楽しみながらゆっくり食事する
短時間に一気に食べる早食いは、急激に血糖値を上げてしまいます。

一口30回程度を目安に良く噛んで、ゆっくり食べましょう。

40歳からは食べ方を変えなさい!: 「体の糖化」に気をつければ、若くなる! (知的生きかた文庫)

中古価格
¥272から
(2014/8/24 22:06時点)

つまり、一気に糖分を取り込まない、吸収しないことが大切なんです。

AGEは血中のブドウ糖が過剰になって溢れ出すと、体内で発生します。

ですから、AGEを体内で発生させない為には血糖値を挙げない事が大切です。

間食で甘いものを摂るとか、のどが渇いたからといって清涼飲料水や、炭酸飲料を
一気に飲むのは 、内臓に非常に負担になりますし、血糖値も一気に上昇させて
AGEを増やしてしまうので、他の食べ 物と一緒に少しずつ摂るなど工夫してみま
しょう。

勿論、摂らないに越したことはありません。

m-title (6) 食後に軽い運動をするのも効果的です。

血糖値は食後1時間にもっとも上昇しますから、そのタイミングで軽い運動をすると
血糖値の上昇を 抑えられます。

食後20~30分後から、20~30分程度のウォーキングをするのが理想的です。

ただし毎日続けることが大切ですから、ウォーキングに限らず掃除、買物、ストレッチ
など、食後に 体を動かすことを習慣づけましょう。

激しい運動は逆に血糖値を上げてしまうため、食後にはお勧めできません。

ダイエットイラスト

この方法を実践してAGEを減らして”老い”を遅らせ”貴女も”将来は、美魔女” の
仲間入りを してみませんか?

意外に簡単な方法ですから、この意識を持つことで近い将来貴女は明るい笑顔の
『美しい女性』になっていることでしょう。

また、最近では、糖化を防止することをコンセプトにしたフェイスアップクリームも
商品化されています。

■商品の7つの特徴
1、余分な糖質は与えない!糖質80%オフ。糖質量0.06%以下。
2、糖化を見逃さない!コラーゲンの糖化ケア
3、糖化を寄せつけない!糖化ストレスをプロテクト
4、ハリ弾力を高めるコラーゲンケア!
5、マッサージによる血行促進でさらにワントーン明るく
6、女性バランスを整える最高級ダマスクローズの香り
7、肌に優しい8つの無添加

 

<当局では、腸内環境を改善することで免疫力を高め、腸内美人から 『肌美人』に
なる アプローチの実践をお勧めしております。>

m-title.jpg なお、朝はパンという方も最近は非常に多いかと思いますが、”パンは小麦粉を
焼いたものですよね?

老化の観点や血糖値の問題からすると、「パン食」は、とても体内の細胞に負担を
かけるものの一つです。

これに加えて牛乳も一緒に飲んだりされますよね?

見た目は良いのかもしれませんが、健康で美魔女を目指す方には、 絶対におすすめしません。

牛乳は”体に悪い食べ物”だと認識下さい。

有名なモデルさんとか健康を気にされるタレントさんのあさの食事には牛乳出てきませんよね!?

もっぱら、青汁とかスムージー、コールドプレスジュースなどが主ではありませんか?

 

m-title (6) 日本人の主食である、お米と味噌汁、納豆などの発酵食品は、健康面でも美容面
でも非常に効果的です。

できることなら、日本食中心の食事に切り替えましょう。  

いかがでしたか?

あなたの今後の美意識に一石を投じることが出来れば、幸いです。

最近、全身を老けさせない生活習慣が注目されていますよね?

趣味に没頭することもとても良いことだそうです。

 

このような生活習慣を毎日続けることで、加齢によって年々減少すると
いわれる長寿ホルモンの「DHEA」という物質だそうです。

 

このホルモンは、何歳になっても考え方や生きがい、そして趣味に没頭
することなどをして20代のレベルまでとはいかないまでも40代のころまでは、
増やせる可能性があるようです。

反面、このホルモンは、ストレスに非常に弱い側面を持っています。

現代社会は、まさにストレス社会

正に、私たちは、自分自身の命を削りながら生活していると言わざるを
得ません。

 

そして、もう一つ「ビタミンC」をたくさん取ることで、「DHEA」を作り出す「副腎」
の老化を防ぐので、「ビタミンC」を多く摂るように心がけましょう。

 

ただ、このビタミンは、過剰摂取しても副作用はありませんが、過剰摂取しても
排尿などで体外に排出されてしまうので、毎日摂るように心がけることが大切
です。

 

本当にこの「ビタミンC」あまりにも有名ですが、その効果は半端ないです。

最近の研究では、免疫力の向上、がん予防、しみ、しわの改善、紫外線対策
、薄毛治療などなど言い出せばきりがないです。

 

毎日ストレスフリーな生活を続けることは、現代社会では容易ではありませんが、
自らそういう状況に追い込むことだけは、避けたいものですよね?

 

ちなみに、この方何歳だとおもいます?

42歳なんだって!(2017年10月現在)

ありえないほどの肌のうつくしさですよね!?

努力次第では、アラフォーだって30代もしかして20代?の肌質まで
若返ることが実証されていますよね!?

あまりにも口コミ評判が良いので、気になっています。

<医師も認めた!当局おススメの本格的”シミ消しジェルです。>

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

すてきだなあ~!恋のトンネルで愛を誓う
どくだみの健康効果はやっぱりやばい!でも、、、
女性の誰もが羨むおっぱいとは?
爪が割れたらネイルができなくてマジ凹むわ
バラの中では、マダムヴィオレが好きです。
手軽にスキンケア。オールインワンジェル
園芸療法(Horticultural Therapy)
膀胱炎・尿道炎にはクランベリーが良いらしい
若返る!免疫力アップ!腸を元気にしてアトピー改善
酵素ドリンクをこえる?”澱(おり)”とMRE成分ってなあに?
もしかして皮膚の万能薬?馬油の効果・効能が素敵
素敵にハンドメイドなにこれ?かわいいかも?
地方自治体の取り組み~健康診断~
優しい世界
卵はまさに命のシェルター!今、卵殻膜が注目されています。

Menu

HOME

TOP

Translate »