『卵と健康』卵は悪者じゃない?今、卵殻膜が注目されています。

今日は、テレビでも紹介されているあの
気になる成分を取り入れたアレです。

そう『卵!』

一昔前まで、(もしかするといまでも)
コレステロールを高めて健康に悪い
という「都市伝説まがい」の噂がまこと
しやかに伝えられてきました。

でもいまでは、10個たべたってコレス
テロール値はほとんど変わりませんし、
推奨値として1日3個は食べましょう。
というお医者様もいらっしゃるくらいです。

 

卵は、その中の成分だけで命を育みます。

正に「命のシェルター」ですね!?

完全なる栄養食品とも云われる『卵』

*詳細は、最後の動画をご覧ください。

よくよく見ると殻には、呼吸が出来るように
無数の穴が開いています。
そして最近の侵入を防御するために
『卵殻膜』で守られています。

タマゴに含まれている数々の成分は、
医療分野からも健康関係の研究分野
そして美容業界からも注目されています。

 

◆膝(ひざ)関節をスムーズにする成分『IHA
(アイハ)』 商品名『タマゴサミン』

も、そうですし、

あとは、、、

あの卵の殻と白身の間にある膜=『卵殻膜』が
美容業界最新の『注目成分』として世の中を
席巻(せっけん)しています。

葡萄やリンゴもそうですが、果物の表面と実の
間には、とても栄養が蓄えられています。

魚の鱗(うろこ)と身の間も「コラーゲン」が豊富
ですし、人参(にんじん)や牛蒡(ごぼう)もそう
ですね!?

つまり、ねずみはいちばん栄養価の高い「から
だに良い成分」ばかり食べていて私たちは、「イ
マイチ?」な部分を食べているのかもしれません。
(苦笑)

話しが脱線してしまい申し訳ありません。

要は、この『卵殻膜』って成分を上手に利用でき
れば、若々しい肌が獲得できるのでは?

という事で、それが実現できたんです!

これは、肌悩み、肌トラブル、肌の老化、エイジ
ングケアに興味のある方には、朗報と云ってい
いでしょう。

実際に商品化されている美容商品には、コレです。



<詳細は、商品画像をクリックしてみて下さい!>

<私も”驚き”を隠しきれませんでした>

◆注目の美容成分を本日はもう1つ紹介します。

それは、Ⅲ型コラーゲン!
赤ちゃんの体内に豊富に含まれているので、
ベビーコラーゲンとも云われています。

<当局推奨!*ベビーコラーゲンと『卵殻膜』
の相乗効果>

この2つの商品、もちろん単品でも十分だとは
思いますが、体の”内側と外側両方から”攻め
る”ことで、より短期間で実感を得られます。



飲むだけで簡単な全身美容と健康ケア!!TVや雑誌でも話題の【III型ビューティードリンク】

実は、この『卵殻膜』古くから傷口に貼ることで、
殺菌や皮膚の再生に利用されていました。

また、卵じゃありませんが、皮膚
再生能力の見地からはコチラも
おススメです。

ファムズベビー

これ!本当におススメなんですよ~!

赤ちゃん~お子さん、お母さんまで
全身使
えます!

しかし、先人の知恵ってすごいですね?

今でもお相撲さんが怪我をしたときに
『卵殻膜』が使われることがあるそうです。

 

◆詳細をみたい方は、この記事をどうぞ!

◆卵殻膜 治療

このサイトでは、『卵殻膜』についての詳細が、
実にさまざまカテゴリ別に記事にしており、当局
もとても参考になりました。

ヘアケアやニキビ、怪我の治療など。

[PR]

毎日たまごを3つ食べ始めるとどうなるでしょう?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

加熱調理でも変性しない!サチャインチオイルの味や風味は?EPAは酸化に弱いから注意が必要。
<危険>エナジードリンクの飲み過ぎでの死亡事故
頭皮のかゆみにどう?オーガニックシャンプー&トリートメント
ヘアロス急増!女性の薄毛対策していますか?
シャワータイムにビタミンCを纏おう
蜂の子はサプリでどうぞ!商品比較あり
『知ったら飲めない!』糖質オフ、カロリー0(ゼロ)のリスクを知っていますか?
コラリッチEXの何がダメなの?
危険!ミネラル不足は健康を害します。
細胞のアンテナ『糖鎖』ってなに?
きのこでインフルエンザをやっつけちゃおう!
クランベリーとブルーベリーのあまり知られていない効能
肌を再生させ若返らせる人の幹細胞由来の美容液が商用化されました。
若返る!免疫力アップ!腸を元気にしてアトピー改善
便秘は女性にとって一番厄介な”お荷物”です。

Menu

HOME

TOP