夏バテのこの時期「肩こり」もひどくないですか?

生来の肩コリ持ちの私ですが、この時期は、
内臓疲労もあいまって「肩こり」もひどく感じます。

たまに夫婦で「肩揉み」のしあいっこをするんですけど、マッサージに
慣れていない私は、必ず翌朝、揉み返しに苦しみます。(^^;)

という事で、今回は、「肩こり」についての情報をお伝えします。

**************************
——————————————————————————
女性は肩が凝りやすい・・・
女性の「肩こり」の原因とは?
——————————————————————————

デスクワークや家事に育児で、夜にはカチコチ…ズッシリ…肩や首筋が凝っている
と何となく日がな一日頭も「ボーっと」しませんか?

男性より女性が多く、厚生労働省の国民生活基礎調査(H28年)でも女性が感じる
自覚症状の第一位となっている「肩こり」。

この肩こり、実は女性特有の身体の構造と現代の生活習慣が原因になっていると
いわれています。

 

●肩こり解消☆不思議な肩甲骨はがし

☆座っても立ってもOK 簡単セルフケア. 自宅でも会社や学校でも、簡単に自分でできる肩こり予防改善法。. ストレッチも筋トレもしない、楽で安全な肩甲骨はがしのやり方です。.

■おすすめ. 座ったまま出来る☆肩甲骨はがし

☆簡単!3分肩こり解消. 肩こり解消、寝て行う肩甲骨はがし. 肩甲骨はがし(癒し系)☆痛いほど辛い肩こりを癒す。

≪女性特有の身体の構造≫

原因1★筋肉量の違い
女性は男性に比べて筋肉量が少なく、頭部の重みを細い頸部(首)と少ない筋肉
のみで支えているため、より首や肩への負担が大きいといわれています。

原因2★冷えによる血行不良
筋肉量が少ない女性の身体は冷えを起こしやすく、冷えによる血流の悪化により
疲労物質が溜まることで凝りが起こりやすくなるといわれています。

とくに足(脚)が冷えてきませんか?

原因3★ホルモンバランス
女性は、妊娠・出産や毎月の生理でホルモンバランスが変化しやすく、自律神経
も乱れがちに。そのため血行不良になり、結果、凝りにつながりやすいといえます。

≪現代の生活習慣≫

原因4★ストレス
仕事や家事によりストレスを抱えがちな現代人ですが、ストレスは血行不良にも
つながるため凝りにも影響をおよぼします。

原因5★食生活の乱れ
ダイエットによる過度な食事制限などで食生活が乱れると、ホルモンバランスの
乱れや血行不良につながり、結果、凝りを引き起こしやすくなります。

原因6★運動不足
仕事や家事により長時間同じ姿勢でいることは運動不足になりやすいだけでなく
、血流を滞らせがちになります。
また、運動不足は筋肉量の低下にもつながります。

女性は根本的に肩こりや冷えになりやすく、ほとんどの原因が“血行不良”による
ものです。

血行不良になると…
疲労物質が溜まりやすくなり「肩こり」に…悪い姿勢や体形、疲労やストレス、
生活習慣によって、肩の筋肉が緊張して血行が悪くなると、筋肉に疲労物質
が蓄積し、肩こりの症状が発生します。

では、肩こりを予防・改善するためにはどうしたら良いのか…
それには日々の生活を見直す必要があります!

肩こり対策7★姿勢を良くする
肩こりの対策には、できるだけ首や肩の筋肉に負担がかからないよう、姿勢を
良くすることが大切です。
前かがみの姿勢になると首や肩にどうしても余計な負担がかかり、肩こりを起
こしてしまいます。

<テレビをこんな姿勢で見てるのは、肩にとっては、最悪です。>

 

肩こり対策8★筋肉を動かしたり温めたりして血行を良くする
肩こり対策には、首や肩周りの筋肉を動かして血行が良くなるように心がけ
ましょう。

肩を開いて胸を張るように意識し、肩甲骨を背中の中心に寄せるように意識
してみましょう。


首や肩を回したり、腕を身体の後ろで組んだりと、簡単なストレッチをするだけ
で楽になるはずです。

また、血行を良くするには温めるのも効果的です。
*お風呂でしっかり温まることや温湿布を利用するのも肩こり対策になります。

*入浴は、寝る前にいったん体温を上昇させると睡眠効果が高まるので、
睡眠障害の改善にも有効ですので、シャワーだけで終わらせず、きちんと
入浴するように心がけましょう。

肩こり対策9★自律神経を整える
自律神経はストレスの影響を受けやすく、女性特有のホルモンバランスの変化が
あるなかでストレスにさらされると、自律神経が乱れます。

ストレスをうまく解消して溜めないようにしましょう。

また、自律神経の安定のためには、規則的な生活も大切です。
起きる時間、寝る時間、食べる時間を一定にし、生活リズムを整えましょう。

 

肩こり対策10★発酵食品や酵素の積極的な摂取

めぐりを良くする酵素やビタミン・ミネラルを多く含む野草や野菜、果物などを
発酵熟成させた濃縮練り酵素を毎日摂取することも有効な手段です。

関連記事:

肩こり解消グッズを探していたら
ホットタブ重炭酸湯で疲労回復しませんか?
酵素ドリンクをこえる?”澱(おり)”ってなあに?

 

[PR]

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

牛乳大好きだけど、、、。
歯が白ければ、健康的に見えるよね!?
生理痛、PMSを和らげる
若返る!免疫力アップ!腸を元気にしてアトピー改善
簡単すぎる!〇〇するだけ美容法
ショップチャンネル「黒華」シャンプーの効果
スマフォの電磁波は眠りをさまたげる?
元気なまま『ダイエット』しましょう
河川や海を浄化する環境に優しい意外な?取り組み
”老い”は避けられない?でも老化はあなた次第で遅らせることは可能です。
蜂の子よりも漢方?
コーセー米肌(MAIHADA)と比較。日本人女性には米発酵エキスの化粧品がマッチします。
危険!ミネラル不足は健康を害します。
水素はあたらしい時代へ突入したの?
細胞のアンテナ『糖鎖』ってなに?

Menu

HOME

TOP