PDCA+Fの時代

もう十数年も前から、会社で目標を達成するための行動様式としてPDCAを習った方は 多いと思います。

P(プランを立てる、計画する)

D(ドウ:行動する)

C(どこまでできた のかチェックする)

A(アクション:*検証してからもう一度計画を修正し、それに基づいた 行動を起こす)

この方法を繰り返すことで、様々な問題点が解決できるというものです。

そこに今は、F(フィードバック:ほかの人の意見を聞いたり、吸収したりすること) が加わりました。

これをPDCFAといいます。

人からテクニックを盗むという考え方は、よく和食の技術や、お寿司屋さんの技術 が代表的ですが、これは
ビジネス全般にいえることです。

指示待ち族でもなく、かといって技術を盗むというほどではなく、わからないことは 知っている人に聞いて
問題を解決していくことで、作業の効率化が図れるという考え方なのかもしれません。

いずれにしても人をゆっくり育てていくという考え方が廃れつつあります。

即戦力を求めながらも、なかなかそんな人がいないという会社側からのジレンマも あるのかもしれませんし、
自分の抱えている仕事がほかの人だとおぼつかない位 になっているとうこともあるかもしれません。

要は耐え切れずに人がどんどん辞めていったとか、リストラとかいろんな理由が あるのでしょうが、辞めていった
人も大変ですが、会社に残った人も辞めていった 人の分の補充がなかったり、素人に毛が生えたような方しか
配属されなかったり、 そんな環境下でも業績を求められているのではないでしょうか?

会社の意識も、勤めている側の意識もここ数年で相当変わった気がします。
会社の福利厚生もそこまでお金を回す余裕がない、、、、。 今や飲食業界では、景気の拡大に伴い、忙しすぎて
耐え切れずに人が辞めていくという 事態が起こっています。

ヤマト運輸が良い?例ですね? 経営者はもっと現場を見なくてはなりませんし、想定されるリスクももっと
真摯に考える べきでしょう。

この温度差をどのように埋めていくのか、景気の回復基調の対策が後手後手にならないよう に設備投資や人材
育成、そして働きやすい職場環境の構築、モチベーションがアップする ようなユニークな企業色、本来経営者
が行うことは数字を見つめることではありませんよね。

ですが現状は、経営者側の勇気のなさは、さびしい限りです。
言い換えれば、少ない賃金でも雇ってあげているという企業側のエゴなのかもしれません。
片や、働く側にも何らかの問題はあるのかもしれません。

いずれにしても雇用する側とされる側、このような形態をとるスタイルの中では、 なかなか満足はできません。

t02200213_0270026212174069184.png

一歩後ろに下がって自分の置かれている環境を見直してみるということが重要 なのではないでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

RIZAPって楽しいかも?
会社員にとって『素敵』『ユニークな制度』のある会社
今、正直、人間関係がしんどい!と思ったら
今の悩みは?必ず解決できます!
疲労感・倦怠感を解消する5つの方法
~星に願いを~夢を叶える力は一人一人にあります。
顔の整体・骨格矯正の全貌公開終了しました。
菜々緒さんのような美脚になりた~い!!
悩みは人それぞれ、大小あるけどどうしたら素敵に生きられますか?
小学生がなりたい職業第3位のYouTuberの月収がすごい!
受験勉強の強い味方!体に負担無く体内時計を正すには?
人は自分の願望によって行動する!辛さ(つらさ)をパワーに変える
真面目な人ほど損をする?って本当かな?
お金との付き合い方って知ってます?
幸せを呼ぶ美しい人ってどんな人の事でしょうか?

Menu

HOME

TOP