素敵情報局|時代に合った素敵な情報に特化した雑記サイトです。

お役立ち情報 悩みを解決

疲れが取れない時は未病を疑え!

疲れが取れない時は未病を疑え!

疲れやだるさ、それは未病かもしれ
ません。

未病?

これは東洋医学の考え方だそうですが、
これは病気になる前段階のことで、
検査では異常がみられず病名がつかない
ものの、健康が損なわれている状態の
事をいいます。

病気というのは、白が黒になるように
突然異常な状態となるものではなく、
気づかないところでじわじわと小さな
影響が蓄積して体に変化を起こし、
結果的に医師が診断できるほどの異常
へと発展していくものだからです。

その間の体調といえば、当然、体の重さ
やだるさ、気分が晴れない、寝ても疲れ
がとれないといった不調をともなうもの
となるでしょう。

その疲れやだるさの解消に必要なのが
「野菜」だと考えられるのです。

未病の域から脱するため
には?

疲れやだるさの解消に必要なのは
「野菜」を摂りましょう。

 

なぜそう言いきれるの?

それは重要な論文をすべて調べた結果
だからです。
「本当に健康になる食」とは次のよう
な内容です。

野菜は多くの疾患の予防に効果的

この動画でも解説しています。


脂質炭水化物は要注意
食品からとる栄養は効果的だが、
サプリ
は効果的とはいいがたい

こんなにシンプルでいいの?と意外に
思うかもしれませんが、これらは600
以上の重要論文にもとづく結果です。

世の中にはこのシンプルな結果以外の
情報があふれていて、私たちはそれに
ふりまわされているのです。

 

この結果から見えてくるのは、「野菜に
よって病気になるリスクが減る」という
ことです。

活性酸素・疲労物質(乳酸)を除去する
食べ物を積極的に摂りましょう。

色鮮やかな野菜・果物は抗酸化作用を持ち
、ビタミンCも豊富です。

鉄の吸収率を上げるためにも欠かせませ
ん。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類
や魚介類に多く含まれており、活性酸素
を除去する抗酸化作用を持っています。

これらを考慮に入れて食べ物をバランス
よく摂取することで、「病気の前段階で
ある未病になるリスクも減る」というこ
とを意味します。

したがって、病気の前段階にある未病を
解消には野菜をたっぷりとることが有効
だというのが、最も理にかなった考え方
となります。

また、「肉、油、炭水化物を多く摂る
ことで病気になるリスクが増える」こと
もわかっています。

これもつまり、「未病になるリスクが
増える」ことを意味しますから、未病の
解消には肉、油、炭水化物を減らすこと
が有効だといえます。

さらに、サプリなどの精製された栄養で
は、健康効果はないか、または不明
あることがわかっています。

また、サプリ以外の健康食品(特定
保健用食品も含む)については*メタ
アナリシス
すら行われていません。

*メタアナリシスとは、複数の研究
の結果を統合し、より高い見地から
分析すること、またはそのための
手法や統計解析のこと。

メタ分析、メタ解析とも言う。
ランダム化比較試験のメタアナリシス
は、根拠に基づく医療 において、最も
質の高い根拠とされる。

これはつまり、健康食品による「未病
を解消する効果」は科学的にはっきり
していないことを意味します。

寝不足であれば睡眠をとる必要があるし
、運動不足なら運動をすることで大きな
健康効果が得られるでしょう。

また、好きなことをして気分転換
したり、ゆっくりとリラックスする
ことで元気になることもあります。

このようにして疲れが解消されるなら、
それは健康な状態だといえます。

しかし、それでも取りのぞかれない疲れ
なら、それは未病という状態をまず疑う
べきです。

そして、その第一の原因として考えられ
るのが野菜の不足です。

 

食の変化 と 病気の増加

休んで解消されない疲れやだるさは、
病気の手前の「未病」という状態かも
しれません。

実は今、日本では病気になる人が増
えつづけています。

そのため、未病の人も増えつづけて
いると考えられます。

病気になる人が増えつづける間、私達
の食生活も大きく変化しています。

下のグラフを見ると、私たちの野菜の
消費量は年を追うごとに減少しています。
(農林水産省、国民1人あたりの野菜の
消費量[i]

graph_02

 

しかもその「野菜不足」は、年齢が若い
ほど顕著です。
(図1、厚生労働省の調べた年代別の野菜
の摂取量[ii]

fig1-400x282

 

野菜の消費量が減りつづける一方で、
肉と油の消費量は4倍に増えています。([iii]

graph_04

 

このように食生活が大きく変わるととも
に、国内のがんや脳卒中などの患者数は
実に4倍以上になっています。
(下図[iv]) 実際の数でいうと、2008年
時点での国内の総患者数は、がん、心臓
疾患、脳卒中でそれぞれ約150万人[v]
糖尿病は240万人[vi]です。

graph_03

こうした患者数の増加は食べものだけが
原因だとはいえませんが、私たちが毎日
食べるものの影響は決して小さくありま
せん。

「メタ栄養学」が明らかにしているのは、
食生活の変化のうち野菜の消費量が減り
続ける一方で、野菜以外の消費量が大き
くなっていることが、これらの病気が増
える大きな原因だという明確な根拠が
あるということなのです。

 

[i] 農林水産省「平成19年度 食料・農業・
農村白書」第1部 第2章 第1節
(2)ア中、図2-19データより。

[ii] 厚生労働省「平成22年国民健康・栄養
調査報告」より。

グラフは変化を強調するために底上げ
しています。

[iii] 脚注iと同じ。

[iv] がん研究振興財団「がんの統計’12」
15. 受療率の推移より。

受療率とは、ある調査日の入院患者と
外来患者の総数を10万人あたりの人数
として表したものです。

簡単のため、本サイトで は脳血管疾患
を脳卒中としています。

なお、受療率に疾患ごとに異なる係数
を掛けて、総患者数を導きます。

[v] 図をみると、がんと心臓疾患の
受療率は大きく異なるのに、国内の
患者数はともに約150万人です。

これは、受療率から総患者数を求める
ときに掛ける係数が、疾患ごとに異なる
からです。

副腎疲労を回復させる食事

どんなに睡眠時間を取っても、ゆっくり
休んだ気になれない、原因不明の疲労感
が続き、何ごとにもやる気が出てこない。

このような症状があって診断を受けて
も、大きな病気は発見されないという
場合、そのダルさは副腎疲労からきて
いるかも知れません。

副腎疲労は、正式な「病名」ではあり
ません。

しかし近年、さまざまな慢性病の原因の
可能性が指摘され、個々が副腎をケア
することの重要性が知られはじめてきました。

副腎疲労とは

副腎は、腎臓の近くにあるとても小さな
臓器で、さまざまなホルモンを分泌し、
生体を維持している器官です。

では、副腎から分泌されるホルモンを
正しくコントロールするにはどうしたら
いいのでしょうか。

カギは食事です。

さまざまなホルモンの原材料となる栄養
素を、適切に摂り込むことが大切なのです。

同時に副腎に負担をかける食べ物を避け
、これ以上疲れないようにしてあげる
必要もあります。

まずは環境汚染物質のデトックスを助け
る副腎疲労の原因に、体内に蓄積される
有害物質や重金属があげられます。

そもそも体内に入ったそれらの有害物質
は、肝臓からデトックスされますが、
現代の食生活では肝臓機能も落ちがちな
ため、まずは肝臓の機能を高めてくれる
食材を食べることをおすすめします。

・玉ねぎ、にんにく、パクチー、生姜
などの薬味
・フレッシュなハーブ野菜
・色が濃く、苦みのある野菜

特に緑黄色野菜には抗アレルギー作用・
抗酸化作用があります。

ミネラルとビタミンBをしっかり摂る
副腎疲労の人はビタミンB群・ミネラル
・カルシウムが不足しているといわれ
ます。
副腎がうまく働かないと、腸にも影響
が出てしまい、副腎疲労の回復に必要
なカリウムやナトリウムなどの吸収率
も落ちてしまいます。

・海藻、海苔、魚介類でミネラルや
亜鉛を補う
・チーズ、小魚などからカルシウムを
補う
・豚肉、玄米からビタミンBを摂る

ビタミンB群やミネラルが不足すると、
メンタル不調につながりやすくなり
ます。

身体によい、オメガ3脂肪酸を積極的に
摂る
オメガ3は体内でつくることができない
ため、食事から補う必要があります。
そのため必須脂肪酸ともよばれ、健康
において大きな役割を担っています。

・サンマやアジ、イワシなどの青魚
・エゴマ油、アマニ油など、αリノレン
酸が含まれる植物油

特に魚に含まれるDHA(ドコサヘキサ
エン酸)は、脳の重さの約8%を占める
といわれており、「魚を食べると賢く
なるよ」といわれる理由にもなっています。

良質なタンパク質、脂質
お肉は健康の敵のようなイメージを持た
れていますが、実は逆。

動物性タンパク質には、「メチオニン」
というアミノ酸が含まれています。
メチオニンは必須アミノ酸なので、自分
の体内だけでは必要量をつくり出すこと
はできないため、食べ物から摂取する
必要があります。

メチオニンで大切なのは、硫黄を含んで
いるということです。

硫黄はグルタチオンという解毒酵素に
関係しており、必要なだけの硫黄が
ないと、デトックス機能の低下が起き、
副腎の働きも弱ってしまうのです。

動物性タンパク質には、メチオニン
以外にも多くの必須アミノ酸が含まれ
ているため、バランスよく食べること
で、副腎はもちろんのこと全身の健康
維持に役立ちます。

副腎からは別名ストレスホルモンと
呼ばれる多種多様なホルモンが分泌
され、ストレスに対する耐久力を高
める働きをしてくれています。

ストレスは、精神的なものに限りません。

生活音や満員電車などの毎日の負荷が
じわじわと溜まることもありますし、
食品添加物や環境汚染物質の蓄積や、
気候・生活環境によるものも含めて、
副腎はストレスと受取ります。

その結果、ストレスホルモン「コルチ
ゾール」が過剰に分泌され続けると、
副腎に負担がかかり、分泌量のバラン
スが崩れてストレスに対抗できなく
なってしまいます。
この状態を、「副腎疲労(アドレナル・
ファティーグ)」というのです。

では、副腎から分泌されるホルモン
を正しくコントロールするにはどうし
たらいいのでしょうか。

カギは食事です。

さまざまなホルモンの原材料となる
栄養素を、適切に摂り込むことが
大切です。
同時に副腎に負担をかける食べ物
を避け、これ以上疲れないように
してあげる必要もあります。

まずは環境汚染物質のデトックスを助ける

副腎疲労の原因に、体内に蓄積される
有害物質や重金属があげられます。

そもそも体内に入ったそれらの有害物質
は、肝臓からデトックスされますが、
現代の食生活では肝臓機能も落ちがちな
ため、まずは肝臓の機能を高めてくれる
食材を食べることをおすすめします。

・玉ねぎ、にんにく、パクチー、生姜
などの薬味
・フレッシュなハーブ野菜
・色が濃く、苦みのある野菜

特に緑黄色野菜には抗アレルギー作用
・抗酸化作用があります。

ミネラルとビタミンBをしっかり
摂る

副腎疲労の人はビタミンB群・ミネラル
・カルシウムが不足しているといわれます。

副腎がうまく働かないと、腸にも影響
が出てしまい、副腎疲労の回復に必要
なカリウムやナトリウムなどの吸収率
も落ちてしまいます。

・海藻、海苔、魚介類でミネラルや亜鉛
を補う
・チーズ、小魚などからカルシウムを
補う
・豚肉、玄米からビタミンBを摂る

ビタミンB群やミネラルが不足すると、
メンタル不調につながりやすくなります。

身体によい、オメガ3脂肪酸を
積極的に摂る

オメガ3は体内でつくることができない
ため、食事から補う必要があります。

そのため必須脂肪酸ともよばれ、健康
において大きな役割を担っています。

・サンマやアジ、イワシなどの青魚
・エゴマ油、アマニ油など、αリノレン酸
が含まれる植物油

特に魚に含まれるDHA(ドコサヘキサ
エン酸)は、脳の重さの約8%を占める
といわれており、「魚を食べると賢く
なるよ」といわれる理由にもなっています。

良質なタンパク質、脂質

お肉は健康の敵のようなイメージを持
たれていますが、実は逆。
動物性タンパク質には、「メチオニン」
というアミノ酸が含まれています。

メチオニンは必須アミノ酸なので、自分
の体内だけでは必要量をつくり出すこと
はできないため、食べ物から摂取する
必要があるのです。

メチオニンで大切なのは、硫黄を含ん
でいるということです。

硫黄はグルタチオンという解毒酵素に
関係しており、必要なだけの硫黄が
ないと、デトックス機能の低下が起き、
副腎の働きも弱ってしまうのです。

動物性タンパク質には、メチオニン以外
にも多くの必須アミノ酸が含まれている
ため、バランスよく食べることで、副腎
はもちろんのこと全身の健康維持に役立
ちます。

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事